ふじさわプラス・テン

歩行計測調査を行いました

2016年3月13日

3月1日、ふじさわプラス・テン参加者の皆さんにご協力頂き、遠藤にある慶應義塾大学で歩行計測を行いました。

慶應義塾大学の仰木裕嗣准教授の指導のもと、最新の歩行計測システムを体験して頂きました。

内容は指定された区間を真っ直ぐ歩くだけ!

カメラで全身の輪郭を撮影しますが、 難しい内容や激しい運動は伴いません。

はじめは緊張した様子でしたが少しずつ「歩き方がきれい!」、「背筋が伸びてますね!」と声が上がりました。

実験を終えると仰木准教授が撮影した映像をもとに分かりやすく解説されました。

ご自身の歩き方を見て「へー!」と驚かれている方もいました。

自分の歩き方を感覚的にではなく、映像や数字で客観的に考えるよい機会になったのではないでしょうか。

温かい日も増えて、これからは散歩日和。私も元気に楽しく歩いてみようと思います。