ふじさわプラス・テン

「ふじさわプラス・テン」参加グループ 第2回交流会を開催しました

2016年12月15日

 2015年度から、「ふじさわプラス・テン」では、週1回以上活動中または、これから活動開始の60歳以上の地域のグループに初回・半年・1年後と3回にわたり、健康チェックを行っています。各グループの活動場所に足を運び、身体活動量チェック、体力テスト(筋力、柔軟性、バランス)、iPadを使った認知機能チェック、運動と健康に関するアンケートなどを行い、研究・実証しています。

 この度、「ふじさわプラス・テン」にご参加いただいているグループの皆さんを対象に交流会を開催しました。第2回となる今回は、2016年から研究に参加して頂いている2グループを合わせ10グループの測定結果の概要や活動状況についての情報交換やテーマに沿ったディスカッション等を行いました。

 当日は、「水睦会」「柄沢北部喜楽会」「第一ほほえみ会」「歩楽吹クラブ」「七寿会」の5グループから代表で16名の方々にお集まり頂き、 地域の枠を越えた交流会をすることができました。そして、研究スタッフ・学生のみならず藤沢市の職員の方々にもご参加頂き、地域の方々から率直な意見も出て、とても有意義な交流会でした。

 まず始めに、修士課程1年の道、平山、村井から半年後の健康チェックの測定結果や各グループの活動状況を報告しました(写真1)。研究に参加してから半年が過ぎると、どのグループからも活動内容の変更や参加人数も大幅に増えている、といった声がありました。皆さんが工夫を凝らしながら活動を継続していることを実感することができました。