ふじさわプラス・テン

【コロナ感染拡大防止時・健康管理情報】栄養学の視点から

2020年5月20日

新型コロナウイルス感染症予防には免疫力が重要です。生体の免疫力は栄養状態によって支えられているため、低栄養で特に筋肉量が減少した人は、明らかに細菌やウイルスなどの感染症に対する免疫機能が低下していることが知られています1)。栄養状態を良好に保つことは 新型コロナウイルス感染症予防のための大きな一助となる2)と考えられています。栄養学の視点から国内外で発表されている研究や資料をもとに情報をまとめました。

■バランスの良い食生活

必要エネルギー量を確保し、たんぱく質、脂質、炭水化物のバランスを良好に保ち、微量栄養素(ビタミンやミネラル)を摂りましょう。英国栄養士会の報告によると、特定の食品や栄養素だけでは免疫力を特別に向上させることはできません3)

 厚生労働省が発表した食生活指針4)では、多様な食品を組み合わせることや、調理方法が偏らないようにすること、手作りや外食、もしくは加工食品などをうまく組み合わせることが推奨されています。

■自分のエネルギー必要量を知る

食物から摂取するエネルギーは過剰でも不足しても健康を害する可能性があるため、自分のエネルギー必要量を把握することが重要です。厚生労働省が発表した「日本人の食事摂取基準(2020年版)」5)の推定エネルギー必要量を参考にすることができます(表1)。

表1 推定エネルギー必要量(Kcal/日)4)

■エネルギー必要量を満たすための食事

 自分のエネルギー必要量を満たすための食事について参考になる資料として、食事バランスガイド(図1)6)があります。この食事バランスガイドを通して食品の組み合わせや摂取量を知ることができます。食事バランスガイドは、エネルギー量が2200±200Kcal(2000~2400Kcalの範囲内)の場合、毎日何をどれだけ食べたらよいかについて、わかりやすく示しています。これを基準にして、自分のエネルギー必要量にあったバランスの良い食事をとりましょう。

図1 食事バランスガイド

慢性疾患を持っている方、もしくは食事療法を実施されている方は、上記の食事摂取方法では適切でない場合があります。それぞれの慢性疾患に応じた個別対応が必要ですので、医師、管理栄養士に相談して下さい。

参考文献

1)Barazzoni R, Bischoff SC, Krznaric Z, et al : ESPEN expert statements and practical guidance for nutritional management of individuals with sars-cov-2 infection. Clin Nutr Mar 22. Doi: 10.106/S0261-5614(20)30140-0. 2020

2) 一般社団法人日本臨床栄養代謝学会 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療と予防に関する栄養学的提言
https://www.jspen.or.jp/covid-19/

3) The Association of UK Dietitians(英国栄養士会)COVID-19 / Coronavirus – Advice for the General Public
(https://www.bda.uk.com/resource/covid-19-corona-virus-advice-for-the-general-public.html)

4)厚生労働省:日本人の食事摂取基準(2020年版)
(https://www.mhlw.go.jp/content/10904750/000586556.pdf P.84)

5)厚生労働省、農林水産省、文部科学省:食生活指針(https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/shishinn.html

6)厚生労働省:食事バランスガイド(https://www.maff.go.jp/j/balance_guide/index.html