ふじさわプラス・テン

SFC OPEN RESEARCH FORUM 2015 セッション「生活習慣と認知症予防」

2015年10月15日

認知症予防のために、食事や身体活動といった生活習慣の重要性が見直されています。
アタマとカラダの健康、健康長寿をみすえて、今私たちがすべきことは何か。
長期的な視点で、地域に必要な支援は何なのか、考えていきます。

三村 將   慶應義塾大学医学部精神神経科教授
新井 康通  慶應義塾大学医学部百寿総合研究センター専任講師
武林 享   慶應義塾大学医学部公衆衛生学教授
秋山 美紀  慶應義塾大学医学部環境情報学部准教授
小熊 祐子  慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科・
       スポーツ医学研究センター准教授

場所:東京ミッドタウン カンファレンス(ミッドタウン・タワー4F)
   〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-1
日時:2015年11月20日(金) 10:20~11:50
どなたでもご参加いただけます。 &n

詳しくはこちら
http://orf.sfc.keio.ac.jp/2015/