神奈川&慶應スポーツSDGsフェス2021報告〜保護者・シニア〜

フェスでは親子だけではなく、シニアの方向けにもプログラムを開催しました!

30秒椅子立ち上がりテストにチャレンジ

年齢とともに衰えてくる足腰ですが、わかりつつも何をしたら良いかわからない方も多いのではないかと思います。今回は30秒椅子立ち上がりテストを通して、参加者の方々にはご自身の身体と向き合っていただきました!

30秒間椅子から立ったり座ったりを繰り返すだけなのですが、意外と下半身に効くものです。下半身の力がどの程度あるか確認するとともに、椅子があれば簡単にできると実感された方も多かったようです!皆さんもぜひご自宅で挑戦してみては?

フレイルの診断基準でもある握力を測定!

生活の中で物を掴んだり蓋を開けたり、とっても大事な握力。

今回は大人の皆さん向けに、握力測定を行いました!

学校の体力テスト以来なかなか測定する機会のない握力。ご自身の握力がどの程度なのか、グラフに貼っていただき一目でわかる形にしました。

握力はフレイルの診断基準の1つにもなっており、何もしないと年齢とともに徐々に落ちてきます。

アンケートではこれを機に自分の体力や握力を鍛えたい!という声も聞かれました。

「歩き方」の測定

皆さんはご自身の「歩き方」を気にしたことはありますか?

今回のフェスでは様々なセンサーを使い、人それぞれ違う歩幅やスピードを測定しました!

高齢者の転倒予防のための研究の一環でもあり、今後1年間の調査も含めて転倒予防をアドバイスする取り組みとなっています。

ご自身の歩き方を見直して、歳を重ねても元気に歩けるように意識するきっかけとなったら幸いです!

未病指標・未病アプリの体験

目に見えない病気へのリスクを意識するために!

未病とは健康と病気の間の状態で、「未病改善」により心身がより健康な状態に近づいていきます。

今回のフェスでは神奈川県の協力で、自身の未病状態が測定できる未病アプリを体験していただきました!

自分の声の録音やいくつかの質問結果から、自分の心のストレスや病気へのリスクを示すアプリです。

ご自身の携帯でもインストールして簡単に利用することができるアプリです。気になった時にすぐ使えるアイテムとして、ぜひ活用してみていただければと思います!

筋肉量や体脂肪量を測定

コロナ禍で自分の体型がより気になるようになった方も多いこの頃。

今回は家庭用よりも高性能な体組成計を使用して、自分の筋肉量や脂肪量を計測しました!

測定した方には自分の体型と向き合うことができる詳細なレポートをお渡ししました◎

沢山の方にご参加いただきとっても好評な企画でした!